ヒゲ脱毛のアフターケア

ヒゲ脱毛を行うと、翌日、肌が熱を持って少し腫れたようになることがあります。レーザー脱毛、光脱毛の場合、どうしても皮膚が軽い火傷(あるいは日焼け)のような状態になってしまうので、場合によってはほてった熱をもってしまうのです。

 

この場合、強い日焼けをケアするのと同じ方法でケアします。冷やしタオルやローションなどです。クリニックやエステサロンから保湿ジェルなどをもらっている場合は、それでケアしましょう。

 

数日でほてりは引きますが、続くようであればお店に連絡して、皮膚科に見てもらいましょう。

脱毛後のヒゲ剃り

脱毛から数日は、皮膚に負担のかかることは避けましょう。当日はじかにシャワーをあてたりせず、翌日ぐらいまではヒゲ剃りはやめておきます。肌が過敏でなくなったら、ヒゲを剃ってもOKです。

 

しかし、その時も、何だかヒゲが剃りにくいのではないかと思います。これは光脱毛の特性によります。光脱毛は、光のエネルギーを毛に集めて、毛の根元部分を熱で変成させて、二度と生えてこなくするものです。つまり、大ざっぱに言うと、「毛の根元を熱でちょっと溶かす」ようなものなのです。

 

この「溶けた根元」は、皮膚の奥、毛穴の中に入っている部分です。この毛は死んでしまったものなので、やがて皮膚の外側に追い出され、ぽろぽろと落ちてなくなってしまいます。

 

しかし、ヒゲはとても固くて太い毛なので、この部分が皮膚の外に追い出されるまで2、3週間の時間がかかります。そしてこの間、熱で変成した部分が、ヒゲ剃りのたびに刃にひっかかるので、「何だかヒゲ剃りが変」とか、「違和感がある」という感覚が生じるのです。

 

無理に力を入れて剃ろうとすると皮膚にダメージが加わるので、気にせずそ前のままケアして下さい。2、3週間でもとに戻ります。