クリニック系脱毛とエステ系脱毛の違い

クリニック系脱毛では、主に電気脱毛とレーザー脱毛が行われています。電気脱毛では、毛穴の1つ1つに針をさして電気を流し、非常に効果の高い脱毛を行うことができます。レーザー脱毛では、黒い色にのみ吸収されるレーザーを照射することで毛根を破壊して脱毛します。

 

エステ系脱毛では、電気脱毛(医療行為に該当しない出力で)と光脱毛が行われています。電気脱毛はクリニック系の電気脱毛と同じ原理で、光脱毛はレーザー脱毛と同じ原理です。

 

クリニック系との主な違いは、その出力がクリニック系よりも低いということです。それは、エステ系では医療行為が行えないというのがその理由ですが、その分痛みが小さかったり、費用が安くなったりとデメリットばかりではありません。

どちらでヒゲ脱毛を行うべきか

それでは、クリニック系脱毛とエステ系脱毛のどちらでヒゲ脱毛を行うべきかというと、正直どちらでも構いません。先ほど述べたように一方的にどちらかが優れているということではないからです。

 

むしろ、電気脱毛か、レーザー脱毛(もしくは光脱毛)のどちらで行うかの方が重要でしょう。ヒゲ脱毛の目的が、ヒゲをデザインすることであれば、大切なのは確実に希望のデザインになるかどうかです。そうであれば、電気脱毛の方が良いでしょう。

 

電気脱毛であれば、1つ1つの毛穴ごとに処理を行うため、確実に希望のデザインにすることができます。レーザー脱毛や電気脱毛では、どうしてもムラができてしまいます。

 

また、普段のヒゲ剃りを楽にしたいということであれば電気脱毛でもレーザー脱毛や光脱毛でも可能です。そうすると、値段や施術時間、あとは施術の痛みなどを考慮して選ぶと良いでしょう。そうすると、レーザー脱毛や光脱毛の方が良いかもしれませんね。